正社員共働き夫婦 子育て 家計管理 教育 英語 中国語 資産運用 投資 お役立ちアイテム 行政サービス 海外移住 留学 旅行

【ママが正社員として職場復帰】パパ・ママ育休プラスを利用してパパも育休を取得しよう

「パパ・ママ育休プラスという制度の名前は知っているけど、どんな手続きが必要?」

今回はパパ・ママ育休プラスの制度について詳しく解説します。

スポンサーリンク

育休はどれくらい取得できる?

取得条件

育休が取得できるのは以下の条件を満たした人です。

  • 同一の事業主に過去1年間以上、雇用されていること
  • 子どもの1歳の誕生日以降も雇用契約が継続する予定であること
  • 子どもが1歳6カ月になる日まで(期間を1歳6カ月から2歳まで再延長する場合は、2歳になる日まで)に労働契約期間が満了し、かつ、契約が更新されないことが明らかでないこと

育児休業の申請期限は休業開始の1カ月前までと定められており、また、子どもが1歳6カ月になるまで育児休業を延長する場合は、1歳の誕生日の2週間前までに申し出ることが必要です。

Doda:育児休業の期間はどのくらい? 延長できるケースや給付金も徹底解説から引用

育休前に1年間は働いていて、育休が終わっても仕事に復帰する意思のある人が対象です。

職場復帰しないのなら、退職という形になります。

しかし、実際には、退職予定だったとしても、職場復帰を予定しているとして、育休の申請までをしてくれるケースもあります。

退職扱いになってしまうと、育休手当がでませんからね。

そして、満2歳になるころに、職場復帰をしないことを会社に伝えれば、2年間の手当はそのままもらえます。

期間はどのくらい?

正社員共働き夫婦 子育て 家計管理 教育 英語 

 

本来、子供が1歳になる前まで取得できます。

しかし、1歳になったからと言って、すぐに保育園などの預かり先が決まるとは限りません。

よって、保育園に預けることが出来る場合は、育休は終了しますが、預けれない場合は、家で面倒を見ないといけません。

なので、育休の延長を申し出ることによって、最長2歳になるまで延長が可能となります。

育児休業の期間と条件は以下のとおりです。

【1歳になるまで】
−育児休業の取得条件を満たせば申請により取得可能(女性従業員の場合は、産後8週間の産休後から)

【1歳の誕生日から1歳6カ月になるまで延長】
−1歳の誕生日の前日に当該従業員またはその配偶者が育児休業中である
−保育所に入れない
−子どもを育てる予定だった配偶者が死亡やけが・病気、離婚によって育児をすることが難しくなった
−6週間以内に出産予定または産後8週間を経過しない場合

【1歳6カ月になった次の日から2歳になるまで延長】
−1歳6カ月になる日に当該従業員またはその配偶者が育児休業中である
−保育所に入れない
−子どもを育てる予定だった配偶者が死亡やけが・病気、離婚によって育児をすることが難しくなった
−6週間以内に出産予定または産後8週間を経過しない場合

Doda:育児休業の期間はどのくらい? 延長できるケースや給付金も徹底解説から引用

大体の人は、保育園の選考に落ちたというケースでしょう。

保育園の選考にわざと落ちるケースもあります。

その場合でも育休の延長は可能です。

折角の休みですから、子供と一緒にいたい!と思うのは自然ですし、なかなか一日中一緒にいれることはないですからね。

延長申請にはどんな手続きが必要?

では、育休を延長するのに、どんな手続きが必要なのでしょうか?

ケースによって提出書類が違います。

【子どもが保育所に入れなかった場合】
自治体が発行する、保育所等において保育が行われないことを証明する書類を事業主に提出します。原則本人の手続きが必要ですが、ごくまれに勤務先に手配してもらえる場合もあります。

【子どもを育てる予定だった人が死亡やけが、病気によって育児をすることが難しくなった場合】
世帯全員の住民票の写しと母子健康手帳、保育を予定していた人の状態に関する医師の診断書が必要になります。

なお、厚生労働省が定める特別の事情がある場合を除き、子ども1人につき期間を分けて2度申請することはできません。

Doda:育児休業の期間はどのくらい? 延長できるケースや給付金も徹底解説から引用

保育園に入園できなかった場合、はがきで通知がきます。

その通知を会社に提出することで、会社が手続きをしてくれます。

手続きはすごく簡単です。

スポンサーリンク

パパ・ママ育休プラスとは

正社員共働き夫婦 子育て 家計管理 教育 英語 中国語 資産運用 投資 お役立ちアイテム 行政サービス 海外移住 留学 旅行

じゃあパパ・ママ育休プラスはどういった制度なのでしょうか。

パパがママの職場復帰や産後で大変なママをサポートできるように設けられた制度です。

取得の条件

この制度を利用するにあたり、条件は何かあるのでしょうか。以下になります。

・ママとパパの両方が育児休業を取得すること
・ママまたはパパが、お子さんの1歳の誕生日以前に育児休業を取得していること
・育児休業の開始予定日を、子供の1歳の誕生日以前に設定していること
・育児休業の開始予定日を、ママまたはパパが取得した育児休業の初日以後に設定していること

なお、法律上の夫婦だけでなく、事実婚のような関係でも制度の利用はOKです。

マイナビ:パパ・ママ育休プラス制度のメリットは? 利用条件とよくある疑問から引用

当たり前ですが、ママとパパどちらも育休を取得しないとパパ・ママ育休プラスにはなりません。

が、別に一緒に取得をしないといけないというわけではありません。別々の時期でもOKです。

ただ、育休取得の原則は、子が満1歳になるまでですから、この制度を活用する場合も、子が満1歳になるまでに取得をしていなければいけません。

取得方法として、例えば、

ママが半年、パパが半年として取得する方法やママが育休を継続しながら、パパも一緒に育休を取得したりする方法などがあります。

パパ・ママ育休プラスのメリット

協力できる

やはりリズムが整っていない子供の世話をするというのは、大変ですね。仕事はしていないから寝ようと思えばお昼寝できるとはいえ、昼夜関係なく子供の世話をしないといけません。寝不足になりますし、家事も同時にしていかないといけません。そこでパパのサポートがあるとかなり助かりますよね。ママが大変なときにパパが手伝ってくれたというのは夫婦関係を維持していく上でも大切なことですし、育児は夫婦で協力していくものです。

育児を積極的に参加することで、ママはこんなに大変なんだ、と理解することが大切だと思います。

仕事の方が大変、稼ぐほうが大変と思っているかもしれませんが、仕事は自分のペースでできたりしますし、ある程度コントロールできます。

でも、子供はコントロールできません。お風呂に入れるのも、おむつを替えるのも一苦労です。

手当が多くもらえる

この制度を利用する最大のメリットは、実は、雇用保険から給付される育児休業給付金です。

現在、こちらの給付金は育児休業の開始から6か月間(180日)は、賃金日額×67%となっています。6か月経過後は、賃金日額×50%に下がってしまいます。

つまり、ママ一人で1年間の育児休業給付金をもらうより、極端にいえば夫婦交代で半年ずつ育児休業を取ることで、育児休業給付金を多く受給できるメリットがあるのです。

やはり、給料がなくなり手当だけの生活になると、貯金を取り崩さないといけないことも多々あり、不安が大きくなる可能性もあります。

しかも、育休は半年後には50%となってしまうため、平均で12~14万円くらいの手取りになるんでしょうか。

そうすると、フルタイムで働いていた時に比べかなりの減収なので、日用品やベビー用品でただえさえ、出費がかさむ時期なのに、減収も同じタイミングです。

家計への影響

育休を取得する場合は、給料はでません。その代わり手当がでます。給料と手当ならどちらも手取りはあまり変わりません。しかし、育休を取得していると、ボーナスの査定に影響する可能性があります。

数日の育休でしたら、あまり影響はないかもしれませんが、数ヶ月単位となると、ボーナスは減ることが確実でしょう。

会社によっていは、退職金に影響することもあるかもしれませんが、現在は退職金な主な運用は、中退共もしくは企業型確定拠出年金です。

月々の掛金は一定で、なおかつ減額する場合は従業員の同意が必要なので、勝手に減額された、とかはありません。

この制度を利用することで、逆にプラスの面も

取得時期をある正しいときにすると、仕事をしているときよりもさらに多くの手当を手にすることができます。

関連記事

初めての出産、ママは子供の可愛い顔を見れて、本当に嬉しいですよね。 退院後は、自宅で育児と家事で大忙しです。 特に産後数週間は体力的にも出産という一大イベントから体調が回復していないママも多く、マルチタスクをかかえるのは体力的にもし[…]

共働き夫婦 家計管理 結婚 DINKS 教育費 共同口座 保育園料

パパ・ママ育休プラスの申請方法

この制度を利用する場合は、事前に申請をしないといけません。先週妻が大変そうだったから、明日から取ります!とはいきません。

また、どちらかが先に育休取得をしているという証明書も必要になります。

・住民票の写しなど、育児休業給付金の支給対象者の配偶者であることを確認できる書類
・配偶者が会社から交付された「育児休業取扱通知書」の写しなど、配偶者が育児休業を取得していると確認できる書類(配偶者の雇用保険被保険者番号がわかる場合は省略できる)

ニコニコニュース:パパ・ママ育休プラス制度のメリットは? 利用条件とよくある疑問から引用

が、会社を通して行えるので、自分ですべての書類を揃える必要はありません。

めんどくさそうだから、と諦める必要はありません。

パパ・ママ育休プラスのよくある疑問

ママが専業主婦でも取得できる?

ママが専業主婦の場合でも、パパは育児休業が取得できます。もともとパパ・ママ育休プラスの制度とは、父親の育児参加を促すことが目的で定められたもの。ママが仕事を持っているかどうか、専業主婦であるかどうかには左右されないのです。

以前は労使協定によって、専業主婦の夫は育児休業を取得できないことが多くありました。会社に育児休業の申請をしても拒まれるケースもあったようです。しかし現在では法律の改正により、すべてのパパが必要に応じて育児休業を取得できると理解しておきましょう。

ニコニコニュース:パパ・ママ育休プラス制度のメリットは? 利用条件とよくある疑問から引用

女性の育休取得率は8割で高水準ですが、男性は6%と1割未満です。

この制度は、男性が育休を取得しやすいように、また育児に参加して、ママも早く職場復帰ができるようにつくられた制度です。

ですが、この場合ママは専業主婦なので、育休自体が取得できません。

そうすると、ママとパパがどちらも取得を条件にしているパパ・ママ育休プラスは取得できず、パパが育休を取得するかパパ休暇を取得することになります。

パパの会社に育児休業制度がない場合は?

会社に規定があるかどうかは関係ありません。法律に条件を満たす場合は、取得させることができるとされているからです。

・現在の会社に1年以上継続して勤めている
・子どもの1歳の誕生日以降も、引き続き雇用されることが見込まれている
※子どもの2歳の誕生日の前々日までに、契約期間が満了して更新されないことが決まっている場合を除く

ニコニコニュース:パパ・ママ育休プラス制度のメリットは? 利用条件とよくある疑問から引用

やはり、育休の取得申請をする場合は、事前に申請をしないといけません。1ヶ月前には申請をしないといけないので、前もって準備しておくといいですね。

ベンチャー企業や中小企業などで若手が多い場合、初めて子供が生まれたから社員が育休を取得する、ということがあります。

そんなときは、会社側はどんな制度があるのか把握していないことが多いです。

しかし、育休を取得したい!と申請をすれば、会社はその意向を拒否することはできません。

休業期間の延長は可能?

パパママ育休プラスを利用する場合は、合計1年2ヶ月とされているところを、1年6ヶ月まで延長できる特例があります。

・育児休業の対象となっている子どもの1歳の誕生日の前日において、ママまたはパパが育児休業をしていること
・子どもが1歳を超えても、休業が特に必要と認められた場合

なお休業が特に必要な場合は、次のいずれかに該当する場合です。
・保育所に入所を申し込んでいるが、1歳の誕生日からの保育先が決まっていない場合(いわゆる「待機児童」になっている場合)
・1 歳の誕生日以降、子どもを育てる予定だったママまたはパパが、死亡・負傷・ケガや離婚などで育てることができなくなった場合

ニコニコニュース:パパ・ママ育休プラス制度のメリットは? 利用条件とよくある疑問から引用

保育園に入園できないなどの理由が多いでしょう。

女性の場合、産休を終えてから、育休に入ります。半年経ったあとに、仕事に復帰して、パパが交代するようにパパだけで育休に入ることは珍しいケースでしょう。

また、原則1回とされていますので、育休を終了してしまえば、職場復帰できたけど、子供の預け先がなかった、パパに育休を延長してもらうしか方法がない!ということになりかねません。

なので、最初の6ヶ月はママが、後の6ヶ月はママとパパどちらも一緒にとるというのが、長期間この制度を利用する場合の現実的な案じゃないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

制度としては、素晴らしいのですが、実際にフル活用している家庭は少ないのが現状です。フル活用しないまでも、数日間、数週間単位で取得を考えてみるのもいいんじゃないでしょうか?

やはり、産後大変なママをサポートしていくという意味では制度の有無に関わらず大切なことだと思います。

仕事が終わってゆっくり休みたい!と思うときもあるでしょう。

ママだって同じです。ママが大変なときはパパが助けてあげて、パパが忙しい時はママが手伝ってあげる。

そんな夫婦だと、仕事と育児と両立していきやすいのではないでしょうか。

ママも職場復帰したら、パパと同じように仕事をします。時短で働くかもしれませんが、早く帰るからといって、楽しているわけではなく、

保育園に迎えに行ってからが大変なんです。

お互いが働き始めたあとのことを想定して助け合えるといいですね!

育休をお得に取得!

数日の取得でも社会保険料免除になる方法があります。休まず仕事するよりも育休を取ったほうが家計にプラスになります。

会社にも助成金がはいり、Win-Winの制度です。

上手に活用できるとさらにいいですね!

関連記事

初めての出産、ママは子供の可愛い顔を見れて、本当に嬉しいですよね。 退院後は、自宅で育児と家事で大忙しです。 特に産後数週間は体力的にも出産という一大イベントから体調が回復していないママも多く、マルチタスクをかかえるのは体力的にもし[…]

共働き夫婦 家計管理 結婚 DINKS 教育費 共同口座 保育園料
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正社員共働き夫婦 子育て 家計管理 教育 英語 中国語 資産運用 投資 お役立ちアイテム 行政サービス 海外移住 留学 旅行
応援よろしくお願いします!
>こんなときどうすればいい?

こんなときどうすればいい?

夜ミルクをあげないといけないけど作るのに時間がかかる…
保育園で風邪をもらったみたいだけど、早めに対処したい…
車が熱くてチャイルドシートに座ってくれない…
イヤイヤ期で全然言うことをきいてくれない…
保育料無償化が始まったけど、時短ではたらいているから家計が大変…
などたくさんの悩みがあると思います。そこで、私たちが発見した方法や便利グッズなどを紹介していきたいと思います。

CTR IMG