CATEGORY

節約術

  • 2020年8月20日
  • 2020年10月4日

【子ども医療費助成制度対象のケース】高額療養費制度も使える!限度額適用認定証を提示して窓口での負担を減らせる

県内医療機関受診(子ども医療費受給者証の発行を受けている以外の市)と県外医療機関受診の場合は、窓口で自己負担額を支払いをしないといけません。 では、限度額適用認定証の交付を受けている場合は、どうしたらいいのでしょうか? 帰省先で生後数ヶ月の子供が病気 […]

  • 2020年8月20日
  • 2020年10月4日

【全国どこでも子供の医療費は無料】かかった医療費の還付方法は県内か県外かで違う子ども医療費助成制度。

市内で病院を受診したときは、子ども医療費助成制度を活用することにより、窓口での負担がなくなります。 それぞれの市が子ども医療費助成制度を提供していますからね。 では、県内で別の市ならどうなるのでしょうか?また、県外ではどうなるのでしょうか? 旅行に行 […]

  • 2020年8月20日
  • 2020年10月4日

【子供の医療費は無料】子ども医療費助成制度は子供の未来を守る

病院にかかったときの支払いについて、子供であっても、大人であっても、高齢者であっても、自己負担は3割で残りは健康保険から支払われるものばかりだと思っていました。 で、妻が妊娠したころ、周りから「子供はよく風邪を引くから」と言われていました。 大人にな […]

  • 2020年8月20日
  • 2020年10月19日

【2つのメリット】ジェネリック医薬品を選ぶと、薬代が安くなり、子供たち世代の健康保険料が軽減される

以前、病院で処方してもらった薬を薬局にもらいにいったときに、「ジェネリック医薬品を希望しますか?」と聞かれたことがありました。 「ジェネリック医薬品って何?」と思いましたが、その時は、効き目が違うのかな?と思って先発品を希望しました。 あとになって、 […]

  • 2020年8月18日
  • 2020年10月4日

薬局によって処方箋の値段が違う!服薬指導料などを節約してお得に処方箋を手に入れよう

医者にかかって、処方箋をだしてもらうときって、「これ処方箋出てますから」と言われて、薬局に行ってくださいって言われますよね。 病院で医者にどのように薬を飲めばいいのか指導されると思います。 例えば、飲み薬だったら、「朝晩食後に飲んでくださいね~」とか […]

>こんなときどうすればいい?

こんなときどうすればいい?

夜ミルクをあげないといけないけど作るのに時間がかかる…
保育園で風邪をもらったみたいだけど、早めに対処したい…
車が熱くてチャイルドシートに座ってくれない…
イヤイヤ期で全然言うことをきいてくれない…
保育料無償化が始まったけど、時短ではたらいているから家計が大変…
などたくさんの悩みがあると思います。そこで、私たちが発見した方法や便利グッズなどを紹介していきたいと思います。

CTR IMG